« septembre 2004 | Accueil | novembre 2004 »

『笑の大学』いよいよ公開です。

さて、明日から『笑の大学』公開ですね。
あしたは所用のため見に行けないけど。
天気予報は雨か・・・(大阪ね)
そういうのって映画を見る上でどうなんだろう?
台風とかは論外としてあまりにも晴天だとアウトドアに出かけていく人が多いのだろうし、曇りとか雨のほうが映画館に行きやすいよな。
うん。
本当に面白い映画なので、ぜひともたくさんの人に見ていただきたいと思いますが、さて、『2046』そのほか話題の映画が多い今秋、興行成績はいかに?
私はファンだから行くし、そんなことを気にはしたくないのだけれども、芸能人活動としてやはり、そこはできるだけ良い成績であって欲しいと言うのも本音なんですね。
週刊誌とかそういうのがたたいていても興行成績さえ良ければ、いいんです。!
やはり、今後の活動にも影響出ますしね。

なので、良い初日でありますように!

さて、感想、とか一杯書きたいことありますので明日以降書きます。こう期待?
では。
さるまた失敬!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

スウィングガールズ見ました。

スウィングガールズ見に行きました。いまでもめざましテレビの人気ランキングに入っているので面白いかなあというのと、NHKの『てるてる家族』に出てたこがいるのと、ウォーターボーイズの監督さんてことで。
なかなか面白かったです、実は私中学高校と吹奏楽部に入って割と気合いいれて部活してましたんで、第一印象が懐かしいなあって感じでした。特に中学の時はジャズとかを吹奏楽用にアレンジした曲をやったことがあるのでそのときにやった曲がたくさん出て来て。
あと役の子がみんなかわいかったですね。ウォーターボーイズの時にも思ったんだけど。私が高校ぐらいの時よりかわいい、男子はかっこいいなあと思いました。
またトロンボーンやりたくなってしまいました。でもいま楽器は従兄弟が使ってるんだよな。またピアノでジャズアレンジして楽しむかなあ。
あと予告編で『ハウルの動く城』やってたんだけど声で出演の木村拓哉かなりいいかんじです。
もっと木村君のイメージが強いかと思いましたが、そんなことはなくハウルのイメージの声がちゃんとでてました。
やっぱりこれも見に行くと思います。
なのであと『恋の門』、金城武の『ターンレフト。ターンライト』『笑の大学』『2046』『ハウルの動く城』はいくし、あと藤原竜也がやる映画も気になってるし、『誰も知らない』もまだ京都ではやってるみたいだから、もう一度見たいと、と思ってるともう、正月までかなり見に行かないとダメみたいで、ほんとに今年は映画の年になりそうです。
こうなったらできるだけたくさんみよう。

それにしても生ゴローみたいなあー。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

「笑の大学」を見てきました

「笑の大学」見てきました。すでに一週間たってるんだけど. 一応ネタばれなしの感想を書いてみます。

、場所は大阪、御堂会館。地下鉄御堂筋線本町です。
日本新聞協会主催の「新聞週間の記念集い」という集まりのおまけの試写会でした。
案内はここです
場所は講演会とかするところらしいのですが映画もよく上映されるようです。
そして、「新聞協会記念の集い」と言うのも年に一度行われていて、記念行事として講演会と映画の上映があるようです。集いの性格上、結構年配のかたがいて。私の隣りにいたひとは84だと話しかけてこられました。(^_^;)

さて本題の映画。面白かったです。かなり。公開前なので、詳しい感想は後日にしておきますが。前半会場が笑いのうずって感じで、また後半はなかなか考えさせられるような内容でした。
ほとんど役所広司さんと吾郎さんしかでてこないのでそれで持つのかと心配しておりましたが、随所に挟まれる映像がアクセントになって間延びせずテンポのよい仕上がりになっています。

で、前出のおじいさん(笑)も帰りがけに「なかなか面白かったですな」といっていました。
とにかく良かったので、いろんな人に見ていただきたいと思います。
いや、秀作ですよ秀作。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ファイルのダウンロード
ちょっとためしに

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ゴローズバー?

最近、吾郎のソナタ、忘文。全然見てない(T_T)
あまりにも深夜、早朝なんでビデオどりしてるんだけど、ビデオを見る時間がないんですぅ。正確にいうと、一人でビデオ&テレビを占領出来ないってことなんですが(笑)。今、撮ってるビデオデッキはリビングに置いてあり、件の2番組はマニア向けなのか家族に不評なため、再生できないんですぅ。
で、ここ2週は録画もわすれましたぁ。
はぁ、そう言っているうちに吾郎のソナタは終わるんだ(涙)。個人的には深夜番組はリニューアルを頻繁にはして欲しくないんだよ。ぼーっとして見てるから、同じメンバー同じコーナーでやって欲しい。それこそ偉大なるマンネリ化希望!
某所(苦笑)での感想を見る限り、全く違う番組になってるようだし。
うちの家族でもぷっすま、黒バラはたまた、天性慎吾はみるのだけど、感想が深夜ならではのしょうもなさとダラダラ感がみてしまう理由らしい。ゴローズバーでもなんでもいいので、深夜らしいバラエティの構成を早く確立して、末永く吾郎の冠番組になって欲しいものです。

あ、そういえば先日ぐちってた試写会、おとといご招待の案内が来ましたヽ(^o^)丿新聞週間の記念イベントのひとつなので、講演会を聞かないとダメらしい。で、映画館ではないみたいなんだけど。ご案内ハガキが笑の大学のチラシの縮小版だったので、保存用にできる(^_^)v
ここのところ仕事がテンパってたので、頑張ったご褒美とおもい堪能して来ます。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

。°・(>_<)・°。

今日は定期検診でした。
朝、大阪中央病院に着いて検査着に着替えてたら会社のS先輩はもう終了だった。まだ一般検診でバリウムとか飲まなくていいのでタイミングが良ければ15分ぐらいで終わるんだ。

で、私さっさと済ませようと思ってたのに、いきなし血圧が低くて計り直し(涙)視力も変で計り直し(涙)
体重と体脂肪は減ってましたヽ(^o^)丿
体重は内緒だけど体脂肪率は公開
24.5でした。
標準並みでよかった。体重が減った分体脂肪率が増えてるかと心配してたけど逆に減ってました。

しかーし、ちょっとつまづいたものの、小一時間で終了!
ここまでは順調だったはずなのだが、なぜか資料作りではまってしまい、結局残業でした(涙)。

で、帰りにしばらくぶりに本屋にいったらまた、吾郎さんの表紙のテレビ紙(テレビぴあ)またしてもダブのだけど彼のほほ笑みに負けて購入してしまいました。お願いだから時期をずらしてくれ〜!
テレビ欄なんか3誌ともほぼ一緒なのに、むだだ〜

映画では会えそうだけど早く生の吾郎さんに会いたいですぅ。まめっぷでもいいからさあ。おねげーしますだ、って誰にいえばコンサートが実現するのだろう?はぁ(ため息)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

なんだかいろいろ

今日は星座カウントダウン2位ではなかったか?

朝、顔を洗ってたら、いきなり「ソープ泡立てネット(わかるかなあ?)」がいきなり排水口へ流れ込んで、大騒ぎ似なるし、傘の骨は折れるし。しかも2週間まえに買ったばかりだ(涙)

今日は相方?Oさんが検診でいないと言うのに……。

ところで久々にびゅうちいなはなし。

先日東京に出張のおり、いつも電話とかでお世話になっているお姉様方(会社の先輩ね)に゛よーじや゛の゛油取りがみ゛を持って行ったのさ
。土産として最適なんで。値段は手頃だし、そこそこ知名度がありなによりも軽いし!
で、私地元にあるし、自分は油しょうでないのでさしてありがたいとは思わないのだが、まあ、思った以上に喜んでくれました。

最近は通販とかもやってるけど、大抵はデパートの物産展で手に入れるらしい。
なかなか大変だのー

京都に住んでいてたまーに得するのはなにげに、良品があったり、すること。また、ほかの土地に行くとやっぱり寺社仏閣は素晴らしい。

普段はただの地方都市としか認識してないのだかのう。どうなんでしょ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

金田一ゴロー

今ごろ見ましたよ。>金田一。金曜日、残業で帰ったら10時頃、なんやかんやで落ち着いて見られなかった(>_<)
で、昨日(2日)はなにげにだらだら&ママの用事に付き合され、今日もしんどくて、だらだらしてたのだけど、弟が観たいと言ってくれたのでじっくり見れました。

前作よりいい感じ。ゴローさんが役にはまってきました。金田一というと、石坂浩次さんや古谷一行さんと言ったひとが印象に残ってるので、前の時はゴローさんが金田一をやってるというのを認識するのに時間がいったのですが、今回はすんなり物語に入っていけましたね。
藤原竜也君の演技もなかなかでした。
テンポもよかったし、
オカルトものとしてはよくかけていたんでは?まあ、ゴローさんがたくさん出ていれば満足ですね(笑)。

あと番組最後に「笑の大学」の宣伝もあったし♪

そういえば、試写会やっぱり当たってないのかなあ、当選は発送を持ってていうのは不安だわ。。。(〃_ _)σ‖

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« septembre 2004 | Accueil | novembre 2004 »